ADHDの適職 Webデザイナー!

ADHDであることをWebデザイナーの強みにする

ADHDは、注意欠陥、多動性障害と言われています。障害という名前ですが、逆の視点からみると、他の一般の人にはない大きな強みもあります。そんな強みを生かしている人物として、例えば、ビルゲイツ、スティーブ・ジョブズ、坂本龍馬、黒柳徹子など探すと以外に有名人がいることがわかります。

 

自分の強みを生かすことで、大きく羽ばたくことができるのもこのADHDです。そこで、ここでは、ADHDの適職と言われているWebデザイナーのお仕事についてみていきたいと思います。

 

ADHD Webデザイナー

実は、ADHDだからこそ出来る強みがあります。
それは、
アイディアの発想力
・新しいものに対する関心力、敏感力
・魅力を追い求める感性
・積極的な社交性
自分が好きなものに対する集中力
・頭の回転の早さ
etc・・

 

もちろん、これらを全てもっているとは限りません。ただ、ADHDは他の人にはない技能・能力を最初からもっているのです。自分では気づかないこともありますが、ぜひ転職カウンセラー、コンサルタントなどのアドバイスにも耳を傾けてみましょう。

 

>>キャリアコンサルタントに相談はコチラ。

 

ADHDの方がWebデザイナーに向いている理由とは?

そもそも、なぜ、ADHDの方は、Webデザイナーに向いているかというと、以下の点が挙げられます。

  • 物事への執着、集中力が活用できる
  • Webデザイナーの求人は増加しているため、失敗しても職に困らない
  • 納品後も修正が必要なため、1回で完璧にする必要がない
  • デザインという目で確認できるもののため、高度なコミュ力を求められない
  • 仕事の分担が明確なので、自分の仕事に専念できる。
  • イメージ力を使うため、アイディアや発想力にも向いている。
  • スキルが持てるため、人間関係等でどうしても合わなくなった時にも転職しやすい
  • 顧客が付くようになれば、独立やフリーランスという働き方もできる。

 

ただ、これを上手に活用できれば良いですが、中には、失敗してしまう人もいます。
実は、Aさんもその一人でした・・。

Webデザイナーの就職・転職で失敗したAさん

Webデザイナーのスキルを持っていたAさん。
そこで、大手の某転職エージェントに相談したところ、紹介してもらったのです。

 

ベンチャーで、急成長中の企業へWebデザイナーとして採用されました。

 

もちろん、デザイナーは一人なので、期待も十分されていたようです。
周りの仲間からも、一目置かられる存在で、何か相談があった場合は、Aさんにアドバイスをもらう程でした。

 

また、Aさんもその会社を信頼し、仕事も楽しかったようです

 

ただ、Aさんは、ADHDを打ち明けず、一般職として入社していました。
そのため、周りは、AさんがADHDだと知る余地もありませんでした。

 

また、AさんもADHDのことは隠して正解だと思っていたのです。

 

仕事が忙しくなってきた頃・・

企業も順調に業績を伸ばし、仕事も多く入ってくるようになってきた頃、社内も忙しくなってきました。

 

Aさんはいつも通り、Webデザイナーとして担当の仕事をしていました。
ただ、忙しくなって、人手も足りなくなってきたことから、部署の事務処理や顧客との応対も技術メンバーとして任されるようになってきました。

 

いつもなら、自分の仕事に集中し、納期までに終わらせる予定が、他の仕事にも駆り出されるようになってきたのです。

 

次第にAさんは自分のペースを失っていきました。
仕事も終わらず、残業が増えてきたのです。

 

また、依頼された事務処理や顧客対応も上手くいかず、次第に歯車が狂い始めてきました

 

Aさんは、納期の締め切りに間に合わず、周りからの視線が次第に冷たくなってきたのです。
社内での仕事は次第に少なくなり、気づいた時には、新しく入ってきたBさんがWebデザイナーのメイン担当をすることになっていました。

 

社内で仕事がなくなってきたAさんは、次第に居場所を失っていきました。

Aさんが過ちをおかした原因とは?

Aさんは、確かに、最初は優秀なWebデザイナーでした。

 

ただ、Aさんが犯した過ちは、会社の中での問題以前にもっと大きな過ちを犯していたのです。

 

それは、
ADHDを隠し通していたこと
です。

 

せっかくの天職でもあったWebデザイナーへの道を、潰してしまったのは、大きな損失だったのです。。。

失敗事例Aさんから学ぶべきこと

Aさんがすべきことは、出来る限り、将来的に自分に不利になると想定されることは、先に解決すべきだったのです

 

その最初のスタートが、転職支援サービス探しです。
Aさんが選んだのは、一般の転職サイトやエージェントでした。

 

ADHDを隠すことで、自分に合った仕事が見つけられると思い込んでいたのです。
また、どんなエージェントがADHDの就職や転職に強いのかよく分からないまま、知名度で選んでしまったことも1つの原因です。

Aさんが本来取るべき戦略

Aさんは、ADHDであることは、転職に不利だと考えていました。

 

そのため、一般の転職エージェントを使ってしまったのです。

 

本来であれば、デメリットを隠さず、
デメリットをメリットに活用すべきだったのです。

 

なぜなら、ADHDを専門に対応しているエージェントは、受け入れる企業側もADHDを承知で受け入れてくれからです。
当然、国からもその企業に対して、支援をする法整備が整っています。

 

これが、2017年以前だと、ここまでの待遇はなかったでしょう。
ただ、今は違うんです。しっかりサポートしてくれる時代なんです。

 

成功している人は、上手にエージェントを選んで、
国、企業、紹介コンサルタント
を全て自分の味方に付けているんです。

 

ですので、メリットが次第に生まれてきます。例えば、

  • 安心して働ける
  • 仕事で不自由することがほとんどない
  • 収入が安定する
  • スキルアップに勤しむことが出来る
  • 社内でも認識されているため、安心できる
  • 独立へ向けてのスキルアップもできる
  • 仕事が楽しくなる

このように、最初にどんな就職・転職相談サービスを利用するかで、全く別の方向に行ってしまうんです。
注意しましょう。

 

ADHDの天職を活かすも潰すのも、あなた次第なんです。
>>ADHDの方が使っている転職支援サービス

 

Webデザイナーのステップアップ

 

Webデザイナーは、アイディアという自分にしかできない創造を生み出すお仕事です。ですので、ADHDで最終的には独立し経営者・個人事業主として自立する方も多い職種です。

 

ここからは、ADHDの方が未経験から独立にいたるまでステップアップを簡単にご紹介します。必ずしもこの通りである必要はありません。

 

自分がチャレンジしたいと思ったら、どんどん経験し、吸収していきましょう。

 

Webデザイナーというお仕事

 

WebデザイナーはADHDの方が選ぶ職種の1つと言われています。

 

WEBデザイナーの仕事は、

・アイディアだし
・デザイン作成
・ライティング

などが主な仕事です。

 

特に、アイディアや発想は、誰もが考えれば出てくるものではありません。一般的に技術として身に着けるのが難しい世界です。ある意味、センスに近い感覚ですよね。

 

こういったものを持ち合わせている方は、仕事面で強みとして発揮していきたいところではないでしょうか。また、ADHDで既にWebデザイナーとして活躍している方の中には、年収2000万円を超えている方もいます。

 

どんな小さなことでも良いので、まずは自分でチャレンジしながら、得意なことを伸ばしていきましょう。マイナス面よりプラス面を伸ばす方が大事ですよ!

 

Webデザイナーの仕事
Webデザイナーは、アイディアだけではなく、その他に納期や共同作業、報告、連絡などの細かい作業もあります。こういった細かい作業や仕事を苦手としている方もいますよね。ただ、これらは、デザイナーという仕事に限った話ではないため、未来の自分の意識改革としてメモしながら出来る範囲で改善していきましょう。
また、タイムスケジュールや納期の感覚。結構、ぎりぎりになってから仕事を始めることがあります。なので、予定より早めに終わらせる気持ちで仕事を進められるようにしていきましょう。

 

特に、デザイナーの仕事の一番大事な内容は、
アイディアだしや、デザインの作成
です。ADHDは、強みが生かせる仕事ですよ!

 

Webデザイナー未経験者

 

Webデザイナーは興味があるけど、まだ仕事が未経験方もいるのではないでしょうか。

 

その場合は、いきなりお仕事についてしまうと、ついていけない場合もあります。

 

ですので、最初は、どんなお仕事なのか予め知識や技術を学んでおくと、実際に仕事を始めるときに、スムーズに進めることができるようになります。

 

一番安心なのは、

1.スクールで技術を習得。
2.転職する。

の流れです。

 

以下は、スクールで学び、学んで終わりではありません。なんと、学んだ後は転職先を紹介してもらえます。つまり、寄り道をせずにスムーズに転職できるんです。また、転職先にはここの卒業生もいるので、仕事もしやすいかと思いますよ。

 

\ 未経験からスタートする方に人気 /
>>無料カウンセリングはコチラから!

 

Webデザイナーとして転職したい方

既に会社でWebデザイナーの経験がある方。

・もっと環境の違うところでやってみたい。
・報酬をもっと上げたい。
・もっと仕事がしやすい場所に転職したい。

などの方は、自分の希望条件を一緒に考えてくれる転職支援会社を活用しましょう。

 

転職支援会社も多々ありますが、探し方の基本は、Webデザイナーの案件を多数もっている支援会社を見つけることです。

 

案件が多数あることで、より自分に近い条件の転職先が見つかりやすくなります。また、一般求人検索と違い、自分の働きたい仕事環境や、どんな職場なのか、自分が欠けている部分などざっくばらんに相談することができます。

 

満足のいく職場探しにぜひ活用したいところです。
以下はWebデザイナー業界に強い支援会社なので、ぜひ1度は相談してみましょう。

 

>>ADHD転職支援サービスランキング

Webデザイナーとして、独立を考えている方

 

Webデザイナーで多いのが、この独立型のフリーランスです。ADHDの方でも経営者となっている方は多数います。フリーランスになると、納期さえまもれば、あとは比較的自由な時間が取れる働き方です。

 

報酬は、会社員と異なり、収入は会社員の1.5倍から2倍くらいにアップします。但し、個人事業主と同じため、社会保険や税金等の処理は自分でおこなう必要があります。

 

そんな処理は面倒という場合は、全て代行してくれるエージェントがあるので、それを活用しましょう。また、自分に合った案件探しもやってくれるため、会社員とさほど大きな違いなく、独立が出来てしまいます。

 

フリーランスとなる場合は、やはりWebデザイナーの案件を多くもっているエージェントがおすすめです。

 

\ 満足度が9割を超えている人気度 /
>>Webデザイナーの方に人気のフリーランスエージェントはコチラ!

TOPへ