ADHDとは?

 

ADHD(Attention-Deficit HyperactivityDisorderの略称)は、注意欠陥多動性障害と呼ばれています。
ADHDは、以下の3つの症状の方をいいます。

 

ADHD障害

不注意

同じミスを何度もする、忘れ物、なくし物が多い、時間管理が苦手、メモを取ろうとすると聞くことを忘れる

 

多動性

貧乏ゆすりなど、目的のない動き、落ち着きがない長時間じっと座っていることが苦手、極端に多いおしゃべり、静かにすべき場所で静かにできない

 

衝動性

考える前に実行してしまう、思ったことをすぐに口にしてしまう、横入りしてしまう、言葉より手を出してしまうことがある、人の邪魔をしてしまう。

 

ADHDまたはアスペルガーの方は、自分の長所・短所を見直し、仕事を選ぶ必要があります。

 

ADHDであることを知ることの意味とは?

ADHDは、社会人になってから気づく方も多い病気の一つです。
特に、社会では、ルール、スピード、コミュニケーション、臨機応変さ、人間関係が絡むため、周りと比較することで少しずつ気づくことがあります。

 

例えば、頼まれた仕事がこなせない、忘れること、漏れが多いのも一つです。

 

 

大学を卒業してから働いて3年目だけど、最近、上司に記入漏れが多い、ファイリングは間違う、お客さんの案内も間違ってしまうことが重なって・・。


 

ADHDは、自分自身が混乱することもありますよね。


 

いろいろ原因を探していたら、発達障害の症状に良く似ていると思って・・。それで、心療内科に受診してADHDだと分ったんです。今は仕事を辞めて転職活動をしてます。


 

ADHDの就職・転職活動は、大きく2つに分かれるんだよ。それが、コレです。

  1. 障害者手帳を持っているADHDの仕事探し
  2. 障害者手帳を持っていないADHDの仕事探し

 

え?障害者手帳があるか、ないかでそんなに違うの?


 

法律が平成30年に変わったんだ。それが、新たな就職・転職出来る枠組みだよ。

 

そうなのね。知らない人は、今だに一般の就職支援サイトを使って転職活動をしているのね。見つけるのが大変そう・・。


 

ADHDは、不注意が目立つこともありますが、逆の面からすると、非常に優れていると評価されることも珍しくありません。

 

例えば、
・大事な場面で集中力を発揮する。(注意欠陥)
・積極的な行動、高い活動能力(多動性)
・優れた発想力、早い決断力(衝動性)
どれも、ADHDの特徴がデメリットとして出るわけではなく、メリットとして評価されることがあります。

 

そのため、転職活動も、ADHDの傾向、個人の性格、職場でのADHD採用実績・理解・受け入れ体制、など出来る限りマッチしている職場の方が活躍しやすく、仕事にも馴染めますよ。

 

ADHDのWebデザイナーへの転職・就職で失敗するパターン

Webデザイナーへの就職・転職は、活動方法によって、結果が大きく変わります。
特に、30年以降は、上手く活動できる人、なぜか失敗が続く人に分かれています。

 

その失敗する典型パターンは、

最初から一般の人と同じ、就職支援サイトのみを使って探し始めてしまうこと

です。確かに、30年以前の就職・転職活動は、一般の健常者と同じ就職・転職手段しかありませんでした。
これだと、狭き門を突破しなければ、簡単には見つかりません。

 

過去のADHDのWebデザイナーへの就職・転職活動
  1. 自分に合った、仕事探し。
  2. 仕事の向き・不向きを知る。
  3. 一般の就職・転職支援サポートを借りる

いい方を変えると、基本は一般の方と同じ就職・転職活動です。そのため、いかに自分に合ったWebデザイナー会社が選べるか?自分の弱み・強みがはっきりしないと、仕事が決まらない状況に陥ります。

 

Webデザイナーへの仕事が決まった後にも以下の問題が起こるケースがあります。

  1. 定着率が必ずしも高くない
  2. 就職した後も、仕事が続かない
  3. すぐに辞めてしまう
  4. 並行作業が多く仕事が回らな
  5. 周りの理解がない
  6. 誰にもADHDであること打ち明けられない
  7. 障害を隠しとおす
  8. 向いている仕事が見つからない

これが、理想と現実のギャップです。

 

仕事をする場所は、職場です。
職場は、一人で作業をすることもありますが、多くのケースの場合、一社員として働きます。

 

会社の中で働く以上、連携・共同で仕事をすることは避けられません。
(一般的な応募で会社を決めてしまった場合)

 

ここを考慮せず、自分に向いている、向いていそうな仕事だけ探しても、実際には、コミュニケーションや人との関わり合いが上手くいかず、続かないケースの方が多いんです。

 

だからこそ、ADHDにあったWebデザイナーの働く職場、仕事場をしっかり見定める必要があるんです。

 

2020年のAHDDのWebデザイナーの就職・転職活動は?

2020年のADHDのWebデザイナーの就職・転職は、出来る限り、一人で活動するのではなく、法改正も味方につけた活動が大切です。
(自分の努力も必要ですが、周りのサポート環境も自分の見方につける)

 

では、どのように周りのサポートを受けながら転職・就職先を探しているのか?
それが、障害者雇用促進法を活かした転職・就職活動です。

 

ADHDの方は、平成30年以前の活動と、以降の活動では、全く違うのです。
2020年は更に企業も動きだすため、乗り遅れないようにしましょう。

 

特に、企業側は、採用が義務化対象になるため、更に積極的におこなう会社も増えてきています。
以下は、厚生労働省が、過去に事業主向けに通達しているポスターです。
障害者雇用義務の対象に精神障害者

 

これを知らないと、2020年以降、これを知らないで活動していると、かなり損をしてしまいます。

 

法律を味方につけた上手なADHDのWebデザイナーの就職・転職活動

ADHDのWebデザイナー場合の仕事探しは、以下を目安に探したいところです。

  1. 転職・就職を有利に展開すること
  2. ADHDでも働きやすい職場を見つけること
  3. 安定した職場を探すこと
  4. 離職率の低い仕事を探すこと
  5. 周りの理解が得られる職場を探すこと
  6. 収入が安定すること
  7. 自分の長所が生かせること

これらが満たせれば、就職・転職は成功です。
そのためには、3つのポイントを押さえておきましょう。

 

ADHDの成功する就職・転職活動

ここからは、それぞれについて、ご紹介します。

 

Webデザイナー以外にもADHDに向いている仕事、向いていない仕事

 

ADHDやアスペルガーの方は、やはり特徴を持っていることから、向いている・向いていない職業、職種などの傾向があります。ここがずれると、仕事を続けられなくなり、辞めたくなることがあります。

 

ADHA仕事マッチング

ADHDの方は、Webデザイナー以外にも非常に隠れた優れた点を持っている人も多く、適職につけるかどうかで、人生が全く異なります。

 

今の職場が本当に良いのか、一度振り返る必要があります。

 

そのためには、最初の仕事探し・職種選びが会社と自分の適性をつなぐ大きなポイントとなります。

 

ちなみに、ADHD(注意欠陥多動性障害)で有名な方は、
トーマスエジソン、ケネディ米国大統領、オリンピック水泳8冠を達成したマイケルフェルプス、映画俳優 ウィルスミス、アーティスト ブリトニースピアーズ、バスケットボール マイケルジョーダンなど科学、政治、スポーツと多岐にわたって活躍されています。

 

ADHDの方は、どちらかというと、数値やミスの許されない業務より、
発想力や行動面を重視した職業の方が向いているようです。

 

もし、あなたが今までの仕事で辞めたくなるきっかけとなった失敗した経験、安心して仕事が出来た経験など
あれば、一度、洗いだしてみましょう。

 

特に、自分がミスした点、失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、
そのような重要性の高い仕事や職種は、出来る限り避けましょう。

 

一般的には、以下の職業が向いているとされていますが、
あくまで参考程度にし、あなたに合った仕事をみつけることが大切です。

 

ADHD・アスペルガー向いている仕事 ADHD・アスペルガー向いていない仕事

・Webデザイナー
・プロスポーツ
・デザイナー
・企画者
・インストラクター
・芸術家
・IT業界の事務職
・ITソフトの製作、開発業務
・演劇

・新規営業開拓
・システムエンジニア
・通訳
・薬剤師
・看護師
・医療事務
・運転士
・コールセンター
・イベントスタッフ

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)の方にとって、
向いている仕事の傾向を知っておくことで、自分の職種・業種選びにミスマッチが発生しにくくなります。

 

ADHD・アスペルガーであること = 自分にとって向いている仕事、向いていない仕事の見極めの重要性

 

特に、アスペルガー、ADHDの方で適職を今後見つけるにあたり、これから大きなチャンスを迎えます。

 

法改正により、ADHD、アスペルガー障がい者の転職・就職活動は様変わり!

 

ADHD、アスペルガー障がい者にチャンス

平成30年から、事業主の障がい者の雇用義務に関し、
ADHDやアスペルガーなどの精神障がい者が新に加わりました。

 

つまり、今まで一般枠としてしか採用されなかった雇用が、
新に障がい者枠として、アスペルガーの方、ADHDの方が採用されるように変っているのです。

 

ですので、これから転職・就職を考えている人にとっては、貴重なチャンスなのです。

 

特に、大手の企業は、法改正に伴いADHDやアスペルガーの方を積極的に社員に受入れています。今後は、そのような企業をどこで知るか?どうアプローチするかが、情報収集として欠かせなくなるでしょう。

 

以下、厚生労働省からの法律改正の概要です。

 

障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概要
雇用の分野における障害者に対する差別の禁止及び障害者が職場で働くに当たっての支障を改善する ための措置(合理的配慮の提供義務)を定めるとともに、障害者の雇用に関する状況に鑑み、精神障害者 を法定雇用率の算定基礎に加える等の措置を講ずる。
引用元:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000121387.pdf

 

時事ニュースによると、精神障害者の雇用が拡大してきていることが分かります。
ADHD、アスペルガーなどの精神障碍者の受け入れが着実に増えてきていることが分かります。まだ、法改正から2年しか経過していないため、目立ってはいませんが、企業側の体制、理解の浸透は広がりつつあります。ADHD・アスペルガーの方にとっては、今まで以上に仕事がしやすい環境が整ってくるでしょう。

精神障害者雇用4倍に=民間企業、短時間増−18年度(時事ニュース 2019年6月25日)
厚生労働省は25日、2018年度の障害者雇用実態調査の結果を公表した。民間企業で働く精神障害者数は推計20万人に上り、前回調査を行った13年度の4万8000人から4倍超に増加した。13年の法改正により、18年度から精神障害者の雇用が義務付けられたことで、採用が急速に進んだ。

 

ADHD・アスペルガーの方の仕事探し=法改正によって、更に需要拡大良い職場が見つかる可能性大

 

自分に合った職場へ転職する攻略ポイント!

 

自分に合った職場を見つけるためには、自分に適さない業務を避け、ADHDやアスペルガーに理解を示してくれる会社選定が大切です。そのためには、過去の自分の失敗を振り返り、外した方が良いと思われる業務を把握し、どのような会社が積極的に採用しているか知る必要があります。

 

過去の失敗経験から、外すべき業務内容を把握する。

 

過去に仕事の経験がある場合は、まずは、仕事の失敗体験、辞めたくなった時のこと等の洗い出しをしましょう。その中で、その失敗が大きかったと思える業務を、チェックしましょう。チェックした項目は、今後の転職・就職活動で外した方が良い業務になります。

 

法改正の波にのり、積極的な前向きな会社を探す

 

法改正に伴い、積極的に採用してくれる会社探しからスタートしましょう。その時、障がい者手帳を先に準備しておくと、いざという時にすぐに行動へ移すことができます。特に、ADHDやアスペルガーの方の転職・就職を支援してくれる機関では、提示を求められることもあるので、準備しておいて、損はありません。

 

専門の機関に相談し、情報収集も兼ねながら、方向性を決める。

 

一般の有名な検索サイトで求人情報を探すことも大事ですが、やはり一人で情報するには限界があります。ネット上には、公開されていない情報も多数あり、知ることが困難なケースがほとんどです。

 

その場合は、やはり、企業と太いパイプをもっている、専門機関に相談するのが手っ取り早いでしょう。

 

方向性

法改正によるチャンス拡大 = 専門機関の情報力を活用 = より自分にマッチした職場へアプローチ

 

より、優位に仕事探しをする上で、欠かせないのが、やはり情報力です。
ここからは、ADHDやアスペルガーの方におすすめの専門機関のランキングをご紹介します。
毎年、90%以上の方が成功している満足度の高いサービスです。

ADHDやアスペルガーの方におすすめのサイトランキング

ADHDの方に人気の支援サイトです!簡単なので、無料登録だけでも済ませておきましょう♪

 

atGP

アットジーピー(atGP)の特徴

ポイント
ADHDの方に人気の求人支援サイト!
15年以上の実績があるため、パイプも太い。
転職に強いため、相談する価値の高いサービス
優良企業の紹介のため、安定した仕事に就ける。
初めての方でも安心と評判の支援会社
・書類の書き方から面接まで全て教えてくれる
コメント
・東京、関西、名古屋在住エリアに限定
・障害者手帳を持っている方
価格
無料 0
評価
評価5
備考
関東・関西・名古屋の方に人気の支援サイト!

パーソナルチャレンジ

パーソルチャレンジ就労移行支援の特徴
ポイント
ADHDやアスペルガーでお悩みの方に人気の就活支援相談所
・障がい者の専門相談・求人支援会社。20年近い実績。
・求人紹介は、30年以上続いている超安定した優良企業。

・障害のある社員300人超が活躍してる特例子会社の専門機関が管轄
職場定着率80%と高い。
・ADHDやアスペルガーでお悩みの方は、自分の方向性の相談にのってもらえます

18歳以上から65歳未満の方が対象です。(現職中の方は利用不可)

コメント
アスペルガーやADHDの方にとって、お仕事の相談は、人生の方向性を決める大事なステップです。1人で探すのではなく、理解力のある会社に巡り合えるかで、仕事の環境が大きくかわります。パーソナルチャレンジでは、企業が障害者支援を中心におこなってきた経緯もあり、実績・働きやすい職場探しでは定評のある会社です。ぜひ、一度、相談してみましょう!
価格
無料 0
評価
評価5
備考
条件「障がい者手帳を既にお持ちの方」で、「東京で面談できる方」
パーソルチャレンジ就労移行支援の総評
人気のある専門の職業訓練・求人紹介企業です
特に、法改正にともなう、企業の動向や、優良企業へのアプローチ方法などは、独自のパイプとノウハウを持っているため、無料なので、一度試しに相談してみる価値は大。


ただ、相談や求人の紹介は、以下が条件となっています。
障がい者手帳を持っていること

上記を満たしている場合は、早めに無料登録しておきましょう!
※就業中はNGです。

ハローワーク

ハローワークの特徴
ポイント
・国で支援している求人サイト
・公開求人がその場で検索できる。
・厚生労働省管轄なので、安心
・全国対応している。
・新着の求人案件が見つかりやすい
コメント
・自分で探す必要があるため、大変。
価格
ゼロ 0
評価
評価4.5
備考
国で支援している障害者向けの求人情報あり
 

ADHD、アスペルガー転職・就職サイトの口コミ

希望する職場に無事内定をもらいました!

40代を過ぎ、正直、もうADHDでは就職・転職は難しいのかもってそう思っていました。
とういのも、最初は、一般の求人・転職サイトで探していたからです。
そこで、この専門の求人・転職サイトに相談したところ、一般の求人転職サイトでは公開していない私の希望する職場をご紹介してくれました。
面接は、緊張のせいで、正直、上手く言葉として伝えられず、失敗してしまいました。
求人・転職のサポート会社から、面接はどうだったか聞かれ、「上手くいかなかった」事を伝えました。
ただ、数日後、会社から役員面接に来て欲しいと言われ、内定をもらうことができました!。
サポート会社の支援がなければ、不合格だったかもしれません。
本当に良かったです!

 

自分では見つけられなかった適職に出会えた!

前職では、経理関係の仕事をしていました。
その関係もあり、転職後も同じ経理関係の求人を探して、応募していたのですが、書類選考で落とされる日々が続いてました。
そんな時に、この就職支援をしてくれる求人・転職サイトを知り、コンサルタントからアドバイスを頂きました。
最初は、今までと違う部門での仕事を提案頂いたので、自分に不安がありました。
でも、私の経歴やヒアリングを元に探してくれたお陰で、こんなに自分に合っている仕事に巡り合うことができました。
今は、適職な仕事に就いているので、楽しく、充実した日々を過ごしてます!

 

将来への不安や疑問を相談したことが結果的に良かった!


ADHDの適職がわからず、自分自身どの方向の仕事についたら良いのか分かりませんでした。どこを受けても不合格続きで、求人・転職活動に疲れてしまっていました。このまま1人で活動しても、成果は出ないと思い、無料で登録ができるこの専門相談機関サイトに登録しました。アドバイザーの方からの助言を頂いたお陰で、無事、私の理想にしていた仕事に内定をもらうことができました。今は、仕事やプライベートも充実した日々を送っています。

 

参加者多数!転職・就職先サイトはコチラ!

↑↑↑↑↑

今すぐ、無料登録しちゃいましょう!

TOPへ